メタバースでエロはあるのでしょうか?

ボクが調査をしたところ、残念なことに・・・メタバースの世界観でエロをどっぷり取り扱っているようなプラットフォームはまだありません。

かなり没入感のあるアダルトVR作品、またオナホールが作品と連動して超気持ちい!的なものはありますが、まだまだアダルトだけのメタバースは存在していないようです。

ただ、英語で検索をしていませんので、もしかすると英語であれば、かなりあるのかもしれません。

 

ってことで、進化を遂げた「VRのアダルト系コンテンツ」を今回は紹介していきたいと思います。

いつの時代のコンテンツもデジタル機器などもそうですが大きく普及した際にやはりエロが大きく関わっています。

さて、メタバースのコンテンツとしてエロがそのまま普及するときに、きっと大爆発するに違いありません。

インターネットだって正直なところエロコンテンツが大きな普及のきっかけになったのは間違いありませんからね。

オンラインカジノはVRとかメタバースにだって取り込まれる可能性が高い最大のエンタメ

相沢みなみ クイーンカジノ

また、元AV女優の上原亜衣さん、相沢みなみさん、川上奈々美さん、小澤マリアさん、丘咲エミリさんがイメージキャラクターを務めるオンラインカジノも人気になっていますよ。

エロ、ギャンブル、酒!って、まあ、なんだかんだと人類が最も愛してやまないものw

手始めはアダルトVRから

三上ゆあ

メタバースとは言っていますが、まだ完全に没入できる形式ではありません。

完全に没入できて、バーチャル空間に完全に入って味、感覚、などを体験できるまでの技術になるのは概ね2035年までとされています。

なんだかんだと言って、かなり近い未来には完全没入型ができるわけで風俗店が滅亡するかもしれません( ̄▽ ̄;)

ただ、いまのところメタバースと騒いでいるものの・・・ただデジタル空間でアバターを作り、その中で活動できるにとどまります。

FPSの世界観と言えば良いでしょうかね。

その世界観の中でVRをつけると没入感があるという点にとどまっています。

現在がメタバースのテクノロジーへの移行期ですから、新しい技術科出ては消えての本当の移行期ですので目まぐるしく変わっていくと思います。

その中でエロコンテンツとして普及してきたのは「アダルトVR」ですね。

日本国内ではDMMが最も早い感じですね。

最近作品がどんどん増えていますね。

 

 

ってな感じでどんどんDMMにアダルトVRの作品が出ていますので、見て頂くと面白さがわかるのではないかと思います。

では、アダルトVRのコンテンツも多く紹介していきたいと思います。

VRアダルトを楽しめるコンテンツの種類

  1. VRアダルトビデオ
  2. VRライブチャット
  3. VRアダルトゲーム

エロってなんだかんだ・・・良いものですよね、

露骨な表現などがなにかと規制されることが多い世の中になって参りましたが・・・

キレイでカワイイ女の子が昔と比較したらどんどん増えてきて、まあ、コンテンツを消費している側としては良いものだと思ったりしますね。

1:VRアダルトビデオ

Virtual Real Porn(バーチャルリアルポルノ)

バーチャルリアルポルノ

写真転載元:公式サイト→https://virtualrealporn.com/

2013年にサイトをオープンしたVirtualRealPornは草分け的存在で、独自にカメラリグを開発して撮影を行うなどVR動画撮影のノウハウを開拓してきた存在でもあります。

文章転載元:https://vr18.jp/archives/385

まじか!!と。。。こんなのあったんだ・・・と今まで楽しみのようなものを発掘することが面倒になっていたり、とにかくシンドイと思っていた自分が恥ずかしいです(;^_^A

やはりエロは世界というか、男性のやる気を促すものなのだと思った次第です。

ってか可愛い、キレイな子っていつも、どんなに落ち込んでいてもやはり良いものです。男性ってのは、キレイ、可愛い、なんて女性のために力を発揮していくものなのだと感じました。

アダルトフェスタ

アダルトフェスタ

画像引用元公式サイト:https://www.afesta.tv/

180/360カメラによるVR動画だけではなく、動画の展開にあわせて電動オナホールを制御するなど、アダルトデバイスを組み合わせたVRAVも既に登場しています。

文章引用元:https://vr18.jp/archives/385

VRのAVとオナホールなどが連動する形のものが発売されているようですね。

ってか、プレステージなどの人気レーベルが数多くみられますので、こちらもかなり盛り上がってきていると推察されますね。

ストリーミング見放題があって、お得に楽しめることは間違いありません。

VRライブチャット

ライブチャットは、まあ、割と昔からあるのですが、WEBカメラというデバイスを進化させてVRにするって感じで臨場感のあるライブチャットで楽しむってところですかね。

まあ、こちらは、好きな人は好き、ってものだと思います。

作られたものよりも、素人が良い!!みたいな、素人信仰って根強くありますからね。

まだまだ、未開拓というか、あまりシェアが獲得されていない業界でこれからの伸びに期待ってところで、あまり目新しいサービスはありません。

今までのライブチャットが好きな方には良いかと思います。

エロ目的ですと、DXLIVE、FC2がいまも有名どころですね。

もう少しソフトな感じになると、DMMって感じで、いまも多くのユーザーが楽しんでいるのは間違いありません。

VRアダルトゲーム

VRのアダルトゲームはたくさん出てきていますね。

VRアダルトゲームって、あと少しばかりインタラクティブ(双方向性)を備えればまさにメタバースの世界観なので、ここが発展するとあと一息って感じですね。

美麗なグラフィックキャラにするか、アニメ系にするか、または実写系で遊べるようになるかは、これからの技術革新によるところだと思います。

実際のところ開発費を別に考えればすでにできているとは思うのですが、サーバー速度の問題、倫理的な問題などの調整をしているものと考えられますね。

ってか出てます( ̄▽ ̄;)

3Dモデリングによって空間ごと仮想世界に没入し、自分の選択によってインタラクティブにキャラが反応する。まさにVRアダルトコンテンツの本命です。この分野では日本が大きく先行しています。

KISS社から2014年に発売された「カスタムメイド3D」、2015年に発売された「カスタムメイド3D2」は、ゲームとしての完成度はもちろん、VR体験としてのモデル・シーン・インタラクションを含め非常に高い完成度で市場投入されておりOculus Rift DK2の中でも注目を集めるキラーコンテンツとなっています。

引用元:https://vr18.jp/archives/385