オンラインカジノのプレイヤーの単純賭博罪での逮捕が2016年3月にありましたが、その中の一人が2017年1月に裁判で、不起訴となり司法の判断によって、オンラインカジノを日本のプレイヤーがプレイをする事が合法的であるという事が確認されました。

オンラインカジノを日本国内のプレイヤーが登録をしてプレイをしても問題がない、つまりは2017年現在の法律で言えば、合法的であるという事を解釈する事が出来る判例が形成されたという事が言えるのです。

京都府警サイバー犯罪課の愚行

そもそもオンラインカジノをプレイをする事が日本国内のプレイヤーが単純賭博で逮捕するという事時代た京都府警の愚行でしたから、それが裁判によって不起訴になったことは当然と言えば当然ですが、単純賭博罪で逮捕をして略式起訴という汚い手を使った京都府警の対応はかなりおかしいという事が言えます。

つまり京都府警自体が国家賠償責任訴訟を逆に提起されても全くおかしくない事であると言えます。実際に今回最後まで戦い抜いたオンラインカジノのプレイヤー自体に違法性はなかったわけですから、逮捕の報道や家宅捜索も受けたわけですから、その事に対して京都府警サイバー犯罪課は批難をされても全くおかしくありません。

京都府警サイバー犯罪課の思惑

京都府警サイバー犯罪課の思惑としては、長い裁判と刑事罰という事で略式起訴で罰金を受ければすぐに自宅に帰れるというような脅しをかければ、全て略式起訴で了承をすると思っていたのであろうという事は、法学部で勉強をした人は簡単に分かる事です。

略式起訴というのは司法判断が入らず、その犯罪を当事者が認めたという事を持って刑罰が確定をするものですから、それを了承をする事をほぼ脅し的な取調べをすれば絶対的に京都府警が正しかったという前例が作られることになります。

けれども、その不正は勇気あるオンラインカジノのプレイヤーによる正式裁判で決着がついたという事が言えます。つまり、京都府警サイバー犯罪課の愚行が公になったという事が言えるのです。

オンラインカジノプレイヤーが不起訴により判例が形成されオンラインカジノのプレイを持って犯罪性があるとは言えない解釈が妥当になった

しかも、オンラインカジノのプレイヤーが不起訴という事はつまりオンラインカジノを日本国内のプレイヤーがプレイをしていても、2017年現在では日本国内のプレイヤーがオンラインカジノをプレイをする事に違法性がないという事、また合法的であるとい解釈の判例が形成されたと解釈をしても差し支えないという状態である事は間違いがありません。

また、そもそも論ですが、京都府警サイバー犯罪課とは言っても、オンラインカジノのプレイヤーは埼玉の人であり、京都府警サイバー犯罪課が管轄でもないところに来るという事自体が、「何をしてるの?」という状態である事も間違いがありません。

交通事故の際には管轄違いなどでたらいまわしにするくせに、なぜオンラインカジノのプレイヤーに関しては家宅捜査までして、管轄違いの埼玉まで京都府警がしゃしゃったのでしょうか?そもそもナゾです。

しかし単純賭博でのオンラインカジノのプレイヤーの逮捕は不起訴!賭博法専門の唯一の弁護士津田先生の活躍

京都府警がどうあれ、日本国内のオンラインカジノプレイヤーの逮捕というのは、間違いであったという事が、勇気のあるオンラインカジノのプレイヤーが司法の場で争ってくれた事でオンラインカジノは合法的であると解釈をしても良い判例が出来ました。

これはオンラインカジノ業界にとって画期的判例であって、現在2017年1月現在の法律上の解釈ではオンラインカジノをプレイをする事に問題はないという事が言えるのです。

賭博法専門の優秀な弁護士の津田先生の活躍も素晴らしかった

弁護士:津田岳宏

賭博罪を専門にする日本唯一の弁護士
京都グリーン法律事務所→http://www.greenlaw.jp/
全国麻雀業組合総連合会特別顧問
日本中の麻雀店にかかわる事件を手がけています。
最近はゲームアプリ会社の相談もよく受けます。
実は麻雀プロでもあります(最高位戦所属)

プロフィール転載元→http://profile.ameba.jp/gamblelaw/

上記の津田先生が、今回のオンラインカジノのプレイヤーの単純賭博罪での逮捕の裁判の担当弁護士を務めました。

津田先生は日本で唯一賭博法の問題点を指摘し続ける、賭博法専門の弁護士です。オンラインカジノのプレイヤーに対する判例を導き出した優秀の弁護士であり賭博法のパイオニアと言える画期的な判例を出した、先駆者とも言える優秀な弁護士先生です。

単純賭博に関するオンラインカジノのプレイヤーの逮捕に関する裁判の津田先生本人のブログでの詳細な記述は→こちら

津田先生のプロフを見て頂くと分かるのですが、津田先生自体がプロ麻雀士でもあり、賭博法に関して、また実際の賭博とかに造詣が深いという事は単純に誰もが理解をする事が出来ます。

そのような弁護士先生である津田先生であるからこそ、導きだせば勝訴であるという事も間違いはなく、これから津田先生、海外のオンラインカジノの企業などのリーガル部門などの仕事も益々増加をして素晴らしい実績を上げていく弁護士として活躍をして下さる事が期待出来ます。

オンラインカジノの日本国内のプレイヤーの違法性のまとめ

オンラインカジノに登録をしてプレイをしている日本国内のプレイヤーの違法性としては、単純賭博罪に関して不起訴となったことから、特段オンラインカジノを日本国内のオンラインカジのプレイヤーのオンラインカジノのプレイに関して問題はないという事が言える判例となった事は間違いありません。

ただ、オンラインカジノを規制をする法律がしっかりと制定された暁には、日本国内のオンラインカジノのプレイは違法となるので、即刻やめなければなりません。

今後のオンラインカジノに対する日本国内の法律の動向については注目をしておかなければなりませんが、オンラインカジノをプレイをする事を持って賭博法の単純賭博の違法性を問われる事は、この判例を持ってなくなったという評価をする事が出来るようになりました。

日本国内ではIR推進法案の可決などもありカジノに対しての興味、関心が大きくなっています。これからどのようにオンラインカジノを規制する法律や日本国内のランドカジノに対する規制などの動向も注目して見ていきたいところです。