オンラインカジノとは何か?という事について記載をしていきます。

オンラインカジノはオンライン上で本物のカジノゲームをプレイをする事が出来る比較的新しいインターネット上の本物のカジノサービスの事を言います。

もちろんオンラインカジノは本物のカジノですから、お金を賭けてプレイをする事が出来ます。

増えたお金(チップ)は換金をする事が出来ますから、マカオ、ラスベガス、シンガポールなどのランドカジノでプレイをするのと変わらないカジノの臨場感を感じる事が出来ます。

スポンサーリンク

オンラインカジノの認知度について

まだまだオンラインカジノ自体は認知が高いとは言えませんが、以前よりも断然にオンラインカジノの認知度は上がってきたと言っても過言ではありません。

また日本国内でもカジノ推進法案を通じてカジノへの関心が高まっているという事からもオンラインカジノは早いスピードで浸透をしていっています。

日本国内でのオンラインカジノをプレイする事についての法律は?

日本国内の人がオンラインカジノをプレイする事について法律的に大丈夫なのか?という事が最も気になるところであると思います。

現在はオンラインカジノをプレイをする事を規制する法律は日本国内法には規定されていません。ですから、特段オンラインカジノをプレイする事は問題ないという立場と、オンラインカジノをプレイする事は日本国内法に於いて問題があるという議論で対立をしているのが現状です。

現在は依然としてオンラインカジノのプレイに関する明確な基準はなく、日本に於けるオンラインカジノのプレイに関しての法規制に関しては注目をしていく必要性があります。

オンラインカジノのプレイヤーが単純賭博での略式起訴

また2016年3月にオンラインカジノ業界を驚かせた事に、オンラインカジノのプレイヤーが単純賭博で逮捕され略式起訴により罰金刑になったというものがあります。3人が逮捕されました。

ただ、これは略式起訴の形となっていますから、判例の形成はなされずに前例となったために、裁判所がオンラインカジノが違法であると司法判断を下したものではないという事を指摘しておきます。

また、このオンラインカジノのプレイヤーの逮捕は、そのプレイヤーが実際のそのオンラインカジノサイトの運営者であると思われたという事にもあるという裏もあると言われています。

真偽のほどは分りませんが、ただ一つ言える事は厳格な司法判断が入った例ではなく、いまだにオンラインカジノが違法であるのか、適法であるのか?という判断は裁判所はしていないという事です。

いまだにオンラインカジノのプレイ自体を否定しているものではないという事です。

また、繰り返し述べておきますが、オンラインカジノをプレイを規制をする法律はありません。

そもそもオンラインカジノのサービスを展開しているオンラインカジノの企業というのは、合法的な政府公認のオンラインカジノの運営ライセンスを元に運営をしてますから何も適法ではないという事をしているというわけではない事も指摘をしておきます。

勇敢な1人のオンラインカジノのプレイヤーが単純賭博罪の不起訴を勝ち取った

この事件で2017年になってから、1人は裁判によって、不起訴を勝ち取りました!!

ですから、オンラインカジノは合法であるという事が言える判例がひとつ形成されたという事になります。だから、オンラインカジノのプレイに関して、合法なのか?と言われれば、「判例に於いてプレイヤーの単純賭博は不起訴となった」ので、オンラインカジノは合法であるという解釈が出来ると言えるようになりました。

そもそも、オンラインカジノの事について規制をしていない日本国内に於いて、また合法で運営をしている海外オンラインカジノの企業を日本国内から適法ではないと言えるわけではないので、そもそもオンラインカジノのプレイヤーを単純賭博で逮捕なんて事自体に無理がある内容でした。

けれども当事者になってみれば裁判で戦うよりも、やはり罰金を支払っておしまいにしてしまった方が実生活の事もあって楽ですから、略式起訴を3人の中の2人は認めてしまいました。

けれども、勇敢な1人は裁判で戦い不起訴を勝ち取ったのです。

これはオンラインカジノ業界に於いてかなり大きな判例となりますし、日本国内からオンラインカジノをプレイしたいというユーザーにも実に心強い判例になったという事は間違いなく、またオンラインカジノを日本国内でプレイをする事が合法であるという事が言える根拠の判例になるものと評価をする事が出来るようになりました。

結局のオンラインカジノはプレイをして良いの?

日本国内でオンラインカジノをプレイして良いのか、良くないのかというのは結局のところ現段階ではまだわからないというのが妥当です。

けれども、オンラインカジノの単純賭博が不起訴となった事を考えれば、オンラインカジノは合法であるという解釈になりますし、また判例がその根拠となります。すると、オンラインカジノの運営企業はそもそも合法でしたし、日本国内からオンラインカジノにアクセスをしているプレイヤーも問題ないという解釈になるのは当然の事でしょう。

まだ、ひとつの判例が出来たというだけと言えばその通りなのですが、ただ、この判例が出た事により単純賭博の疑いで逮捕なんて事はもうできない事になります。

単純賭博が不起訴となったのですから、少なくとも普通のプレイヤーがオンラインカジノに登録をしてプレイをする事は日本国内に於いて違法と言えないという事は判例によって証明されたという事になったのです。

ただ、オンラインカジノのプレイに関しては個々の判断になるところです。しかし、

オンラインカジノをプレイしたからと言って、今後それを理由にして警察がプレイヤーに介入をしてくるという可能性は極めて低くなったし、オンラインカジノをプレイをする事に問題はないという事が、この判例の形成によって言えるようになったという事で解釈をしても問題がないという事が言えるようになりました。